読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY SONG & YOUR SONG~貴水博之とaccessへの手紙

貴水博之とaccessのライブの自分的覚書の場です

【ネタバレ含】貴水博之ツアー初日レポ②HIROYUKI TAKAMI TOUR 2016 Love&Victory ~Solo Solo イキマスカ?~

f:id:accessxhimawari63:20160911074148j:image

すでにツアー2日目のヒロ島(広島のこと。ヒロファンはためらいなく広島を「ヒロ島」と変換する)公演終わった後で、自身も2回目の大阪公演に参加するために早々となんばに着いている段階でアレですが、記憶が上書きされないうちに備忘録。スマホからなので、①の様な凝ったリンクは一切貼りません笑。

 

 

後半は、カッコいいバックバンドソロからの、これまたカッコいいロックナンバー「Vampire」。

なんですけど!

腿まである衣装の上着の裾が、赤のタータンチェックでスカートみたいになってて、上着も白にポップなグラフィティー柄で、そんなヒロの可愛さと曲のエロさのギャップがなかなか埋められず、最後の喘ぎのシャウトでようやく艶っぽいなぁと感じられる様になったのでした。ヒロはきっと、一曲通してすごく色っぽく歌ってたつもりなんだと思うんだけど。

 

続くは久しぶり!の「転がる街」。これもロックゴリゴリだから、つなぎがとてもカッコよかった!やさしい罠、Vampire、転がる街、あたりは、とにかくバックバンドの音が良くて、これはヒロソロだからこそだなぁ〜と感じられてうれしい。ヒロも感情を込めて、時には叩きつける様に歌うのが、ホントヒロソロ好きだなぁと思うゆえん。

 

「LIFE」では、「みんなこの曲知ってるよねー?一緒にうたってくれるかい⁉︎」で始まり、昨年のツアーとほぼ同じアレンジだったのでほっこり歌ってたのですが、「誰かがそっと手を差し伸べるように」という歌詞の時に、自分の手のひらをゴシゴシズボンでこすってから手を差し伸べるという振りをした時には、中2か!可愛すぎるだろー!と萌え死にそうになりましたよ…。

 

「Super Goddess」は、もうすっかり定番の変顔もばっちり、安定感がありました笑。ヒロも観客も心底楽しそう♪

 

新曲つくったよ、来年にはアルバムも…とヒロの口が滑った後の新曲2曲立て続けの披露はもう、その事実だけで嬉しすぎて涙出そうになった!

1曲目「セレブレーション イン ザ スカイ(仮)」は、疾走感のあるストレートなロックチューン。ラルクとかのビジュアル系がメジャーコードで出してるような曲調。二人称が「あなた」なのもそう感じるゆえんかも。で、その歌詞は、ファンに向けて感謝の想いを込めて書いたんだって。次回以降じっくり聞かなきゃ!

メロディに'00年代の匂いがしたので、シバちゃん作曲は納得!なんか、NAKED DESIREのMVのような爽やかさを感じました。

 

2曲目は、タイトルの発表はなくて、ちょっとねじれたデジロック。Aメロはラップぽくて、Bメロからメジャーコードになって、サビはロック、という面白い構成。若手の吟くんという子が作曲してくれたそうなのだけど、確かに若い感性の曲だわーと感じました!

そしてサビの歌詞の最後、聞き取れたのが「魂の恋!恋!」って。なんか「Naked」的な激しい歌詞なのかなぁって。

そして、あぁ、今ヒロはこういう曲を歌いたいんだーって感じられたのが本当にうれしい!

 

「ride on love.」では愛あふれる伸びやかなボーカルを、続く「SILENT MOON」ではヒロの噛み付くようなボーカルと、この曲のアレンジャーでもあるCちゃんがすごく生き生きしてて、お立ち台の上で絡む2人が色っぽくて素敵でした!

 

「?」来た時には、あぁもう終わっちゃうのかなーと思っちゃったのですが、メンバー紹介絡めたこの曲でもまだまだヒロは元気で、滅多に歌詞をアレンジしないヒロが、「未来は『君のもの』」って何度も歌ってくれたのが(本当の歌詞は「未来は誰のもの?」)地味に、でもすごくうれしかった!

 

で、終わらずにハイテンションのまま「目を覚ませ」、来た!

ストーリー風な歌詞に合わせて、小芝居を挟み込みまくるヒロ。オーラスなのに、超余裕!声も伸びてるし、足も軽やかだし。なんか悔しいけど、でもやっぱりうれしい!楽しい!ヒロ大好き!みたいな私たち。

accessの「永遠dive」の様に、タオル回して、跳ね回って、最高にハッピーな空間で本編は終了。

 

アンコール待ちでは、始めは「アンコール!」だったコールが次第に、「ヒーロー!ヒーロー!」になって、結構すぐにヒロ登場!

楽しすぎてMC飛んじゃってるのだけど、とにかく、「俺、しゃべりすぎ?まだ大丈夫?多分もう過ぎてるんだよね」と言いながらもしゃべり続けるヒロが愛しくて、うれしくて、幸せなのでした。

 

アンコールは、いつ振り!?ってくらいの、デビューアルバムから「Mountain」。もう個人的に大好きで、イントロだけでテンションマックスに。

そしてここでまたヒロがアコギを背負う。あまり音はやっぱり聞こえなかったけど、ヒロが楽しそうだからまぁいいか(2回目)。

ボーカルは、あの頃の純粋さが残りつつの、今のヒロのいい意味での太さがあって、この曲の良さが最大限に引き出されてる感がありました。

 

「踊ろ」では、今のヒロの気持ちいいラインのアレンジなんだろうなぁと思う、アットホームな空気感。客席を一人一人見ながら歌ってる感じがすごくうれしい!

 

アンコールラストは、「hallelujah!」で大盛り上がり!体力残すことなく、飛んで跳ねて、燃え尽きました!ヒロもね、きっと!

 

アンコール終わって、バックメンバーはけても、しゃべり足りないヒロは、最後にアカペラでI&Iのサビを歌ってくれて、「愛してます!」と会場に投げて、去って行きました。accessの時の「愛してるぜっ!」とはね、なんかね、違うのよ、溜めが。それがね、うれしいんです。

 

そんな幸せいっぱいの、ツアー初日。

んで、まんまと参加公演を1つ増やしてしまった私なのでした。

今夜は大阪!入り待ちのヒロがカッコよすぎて既にメロメロです!